ICカードにチャージすることを「積み増し」と呼ぶ地方、呼ばない地方

ことば

『長崎の』( https://monogatary.com/story/93420 )でも触れましたが、全国を旅行していると時々「積増」「積増し」「積み増し」という表記を目にすることがあります。

読んで字の如く、「積み増す」こと。公共交通機関で用いられる意味合いとしては、ICカードにお金をチャージすることをそう呼びます。

国語辞典にも載っているれっきとした日本語なのですが、聞き慣れない、というのが初めて「積増し」を見た時の印象でした。

九州では「車が対向車をすれ違うこと」を「離合する」と言いますが、これはおそらく他地方では通じません。

それらと同様に、「積増し」も方言的に使われている言葉なんでしょうか?

「積増し」をざっと検索して、各地の公共交通機関がどれくらい出てくるかをざっと調べてみました。

 

スポンサーリンク

全国の「積み増し」と呼称している交通事業者

富山地方鉄道 https://www.chitetsu.co.jp/?page_id=631

岐阜バス https://www.gifubus.co.jp/rosen/ayuca/charge/

遠鉄バス(静岡県) https://bus.entetsu.co.jp/ticket/pass/buy/charge.html

岡山電軌鉄道 http://www.okayama-kido.co.jp/images/ecop_hare_i.pdf

西肥バス(長崎県) https://www.bus.saihigroup.co.jp/nimoca/20406.html

鹿児島市交通局 http://www.kotsu-city-kagoshima.jp/ticket-summary/vending/

 

検索上位10ページほどで出てきたのはこんなところ。東京近郊の私鉄では挙がってきませんでした。この限りでは、主に西日本に特有の言い方なんでしょうか

「チャージ(積増し)」という風に併記している会社もあり、中には遠鉄バス(下図)のように

出典:https://bus.entetsu.co.jp/ticket/pass/buy/charge.html

チャージと積増しを区別しているケースも。

この件について言及しているサイトもいくつか見られましたが、その中で高齢者の多い地方を走る交通機関では横文字だと分かりづらいため積増しという表現を使っているというのがありなるほどなあと思ったところです。

 

先程の九州の「離合」や、大阪の「モータープール」、山形の「イチマル、ニーマル」(①、②の意)など、その土地独自に根付いた呼称・言い回しっていうのは面白いですね。

タイトルとURLをコピーしました