西暦をタイトルに冠した名曲たち

音楽

西暦4桁をタイトルにした曲たち。ミュージシャン自身の記憶、未だ見ぬ近未来、聴き手の想像とも作品にリンクできて、良いですよね。

スポンサーリンク

『1921』 The Who

1921

ピート・タウンゼントがインドで出会った導師メヘル・バーバーに影響を受け、1969年に世に放ったロック・オペラ「トミー」。舞台は第一次世界大戦後の英国、この『1921』でウォーカー大佐は夫人の不貞相手を殺してしまうが、その瞬間を息子のトミーが目撃してしまい・・・という作品序盤のハイライトです。

 

『1979』 The Smashing Pumpkins

The Smashing Pumpkins – 1979 (Official Music Video)

全米で1000万枚売り上げた『メロンコリーそして終わりのない悲しみ』収録、「西暦の曲」と聞いて思い浮かべる人も多いであろう作品。ビリー・コーガンの少年時代・1979を聴き手と共に回想するような、「メランコリー」な曲です。

 

『1984』 andymori

3rd LIVE DVD「FUN!FUN!FUN!」より『1984』

〈花に囲まれて生まれた〉メンバーの生年1984。ファミリーコンピュータ発売(1983年)、東京ディズニーランド開園(1983年)などが日本国内をファンタジーに導き、グリコ・森永事件(1984年)が列島を震撼させた時期でした。

 

『1985』 Bowling For Soup

Bowling For Soup – 1985 (Official Video)

1980年代のポップシーン賛歌。「昔は良かった」的な懐古主義感(?)もありますが、その頃の愛に溢れた音楽シーンのパロディPVは、まさにボウリング・フォー・スープ版『Dani California』。

 

『1999』 Prince

Prince – 1999 (Official Music Video)

プリンスが1982年に表現した“世紀末”。ノストラダムスの大預言を受けた周囲の不安を察し、1999年の夜にダンスパーティーを踊るようなお祭りファンクの曲を作りたかったのだとか。

 

 

西暦を「タイトルの一部に」含む曲であればさらに多数あります。いずれにしても、一つの時期を切り取って偲ぶ・思い描くことで作り上げた作品ならではの素敵なオリジナリティ、具体性が生まれているように思います。

タイトルとURLをコピーしました