「コールドブリュー」というだけで普通のアイスコーヒーより美味しそうに聞こえる

どこのカフェでも水色や青の配色でポップアップされ、見た目にも涼しげな「コールドブリュー」の文字。

夏場にアイスコーヒーが飲みたくて喫茶店に入っても、字面に惹かれてそっちを選んでしまいます。飲み口もスッキリしていて美味しい。

 

でも、その洗練された印象に騙されているだけかもしれない。

騙されるために通常のアイスコーヒーより高いお金を払っているのかもしれない。

コーヒーは好きだけど自分で淹れるとかは(面倒くさいので)絶対にしないので、具体的にどんな抽出方法なのか、というところまで考えが及んでませんでした。

 

調べてみて納得、cold brew=低温抽出 なんですね。

つまり熱湯で淹れたホットコーヒーを氷で無理やり冷やすのではなく、水出し麦茶のように冷水でじんわり長時間かけて淹れる。そうすることで雑味が溶け出しにくくなって、すっきりクリアな味になるんだそうです。よかった〜、自分の舌に狂いはなかった。

 

もう秋ですが、寒い季節に暖かい部屋で飲むアイスコーヒーも好きなので、その語感から夏限定にするのではなく年中コールドブリューがあればいいなあと思います。

ちなみにカフェインも一般的なアイスコーヒーより少なめらしいので、苦手な人にもお勧めですよ。

 

以上、某カフェでコールドブリューを飲みながらの執筆でした。


タイトルとURLをコピーしました